Herbie Hancock / ハービー・ハンコック - 100JazzTrio.com

Biography


ハービー・ハンコック(Herbie Hancock、本名:Herbert Jeffrey Hancock、1940年4月12日 – )は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、プロデューサー。
1960年代以降から現在において、ジャズ・シーンをリードするジャズの第一人者であり、ストレートアヘッド・ジャズ、フュージョン、ジャズ・ファンクなど多彩なジャズ・スタイルの最先端を走っている。

 ・ Spotify : Herbie Hancock / ハービー・ハンコック

Herbie Hancock / ハービー・ハンコックの活躍

1960年プロとしてデビュー。1963~68年はマイルス・デイビス・クインテットのメンバーとして活躍。70年代以降もジャズ・ファンクの『ヘッド・ハンターズ』、アコースティック・ジャズ人気を復活させたVSOPクインテットの諸作、ジャズ・ヒップホップの『フューチャー・ショック』など、ジャズの新しい時代を切り開く話題作を発表してきた。代表的な楽曲に「ウォーターメロン・マン」(”Watermelon Man”)、「カンタロープ・アイランド」(”Cantaloupe Island”)、「処女航海」(”Maiden Voyage”)、「ドルフィン・ダンス」(”Dolphin Dance”)など多くのジャズ・スタンダードの他、ヒップ・ホップとのクロスオーバーを図った「ロックイット」もある。

1960年にドナルド・バードに見出されると、その彼のクインテットでプロとしてのスタートを切る。さらにドナルド・バードから「ブルーノート・レーベル」のアルフレッド・ライオンを紹介された。その後、2年間のセッションマンとして実績を重ね、21歳になった1962年にデクスター・ゴードンを迎えた作品『Takin’ Off』でデビュー。この中に収録された「ウォーターメロン・マン」(”Watermelon Man”)は大ヒットとなり、この作品でハンコックは押しも押されもしないブルーノート新主流派の中心アーティストにのし上がった。その後エリック・ドルフィーのもとで活動し、「ブロウ・アップ」などのサウンドトラックを発表した。

1963年、マイルス・デイヴィスのグループに抜擢され、1968年頃まで在籍する。脱退後もマイルス・デイヴィスのセッションに随時参加し、マイルスのいくつかのアルバムにその足跡を残している。また、この頃自己のアルバムとして彼の代表作『Maiden Voyage』(処女航海、1965年)や『Speak Like A Child』(1968年)を発表した。
1969年にはブルーノートを離れ、ワーナー・ブラザーズ・レコードに移籍。『Fat Albert Rotunda』(子供向けテレビ番組のサウンドトラック)では同時期のマイルスと同様に大胆にエレクトリックサウンドを取り入れた。次作『Mwandishi』では更にアフリカの民族音楽、ポリリズムに傾倒し、自らもスワヒリ語名でアルバムタイトル同様の『ムワンディシ』というニックネームを名乗る。

1972年にはコロムビア・レコードに移籍。1973年に問題作『ヘッド・ハンターズ』(Head Hunters)を発表。本作は従来のジャズファンの枠を超えて反響を呼び記録的に売上げるとともに大きな名声を獲得した.

1976年に、元マイルス・グループの黄金のクインテットと称されたときのメンバー(ウェイン・ショーター、トニー・ウィリアムス、フレディ・ハバード、ロン・カーター)を集めて、モダン・ジャズのグループ、“V.S.O.P.クインテット”を結成し世界中をツアーした。

1983年の「フューチャー・ショック」では、ヒップ・ホップを大胆に導入。DJスクラッチを取り入れたスタイルはクラブ・ミュージックの方向性を決定付けた。このアルバムはベーシスト兼プロデューサーであったビル・ラズウェルの実験的な音楽アイデアを元に製作された。またシングル・カットされたGrandmixer DSTのスクラッチを取り入れた「Rockit」が世界中で大ブレイク。翌年のSound System、1988年のPerfect Machineにもラズウェルが関わり、同型作を発表している。これ以降の電気サウンド作品についても例に漏れず、不定期ではあるが作品を発表している(「Dis Is Da Drum」、「Future 2 Future」など)。

1985年にはベーシストのロン・カーターと共演したサントリーホワイトのCMがテレビ放映され、話題になった。一方、1986年の音楽監督をし自らが出演した映画『Round Midnight』に取り組むほか、現代のポピュラー・ソングを鮮烈なシャズ・ナンバーにした『New Standard』、1998年アメリカが生んだ偉大なる作曲家ジョージ・ガーシュウィンの生誕百年に発表した『ガーシュウィン・ワールド』、2002年にはマイルス・デイビス、ジョン・コルトレーンの生誕75周年を記念してマイケル・ブレッカー、ロイ・ハーグローブと「ディレクションズ・イン・ミュージック」というスペシャル・プログラム(全米ツアー)を行った。1986年に音楽監督をした映画『ラウンド・ミッドナイト』でアカデミー作曲賞を獲得。

2003年からアジア最大級のジャズイベント「東京JAZZ」の総合プロデュースを担当。 2004年に国立芸術基金(NEA)ジャズマスターズ賞を受賞。

グラミー受賞においては、1983年初の「ベストR&Bインストゥルメンタルパフォーマンス」賞をはじめとし、2002年の「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム」賞と「ベスト・ジャズ・インストゥルメンタル・ソロ・パフォーマンス」賞(ダブル受賞)を含め、受賞は多数を数える。2008年の第50回グラミー賞においては「River: The Joni Letters」が同賞の主要4部門の一つである、最優秀アルバム賞を受賞している。ジャズ・ミュージシャンの総合部門における最優秀アルバム賞受賞は1964年のスタン・ゲッツ & ジョアン・ジルベルトの『Getz/Gilberto』以来43年ぶりである。