スリット入りのタイト・スカートを履いたキャリア・ウーマンらしき女性がさっそうとマンハッタンを闊歩しているジャケットもカッコいいが、演奏もこれまた最高にカッコいい。ジャズに限らず音楽には、その時代の空気を真空パックして後世に伝えるタイム・カプセル的効用があるが、1958年録音の本作を聴くと、即座にあの時代にタイム・スリップできる。なにしろこのアルバムには、これぞハード・バップ、これぞファンキー・ジャズといった空気が充満しているのだ。
なにがいいといって、まずソニー・クラークのオリジナルが泣かせる。覚えやすいメロディのタイトル曲で聴く者の心をぐっとつかみ、マイナー・ムードの<2>でダメ押し。この2段攻撃はすこぶる強力で、あっという間にその世界に引き込まれてしまう。アート・ファーマー&ジャッキー・マクリーンをフロントとする2管クインテットは、ハード・バップ時代の王道といえる編成。そして、そのマクリーンの泣きのアルトが情感たっぷりで、これまた素晴らしい。(市川正二)

わずか31歳の若さで他界したピアニスト、ソニー・クラークの代表作。アート・ファーマー、ジャッキー・マクリーン(as)、ポール・チェンバ-ス、フィリー・ジョー・ジョーンズ

 ・ Sportify : Cool Struttin’ / クール・ストラッティン

 ・ amazon : Cool Struttin’ / Sonny Clark

 ・ Google Play Music : Sonny Clark : Cool Struttin’ / クール・ストラッティン(1958)

 ・ apple music : Sonny Clark : Cool Struttin’ (1958) / クール・ストラッティン