オスカー・ピーターソンは、ジャズの美味しいところをすべて持ち合わせたピアニストである。テクニックがある。スイングする。ハッピーである。適度にブルージーである。トリオのまとまりがいい。そして、選曲のセンスがいい。
本盤はタイトルが示すように、ファンのリクエストから曲を選んでいる。現在では立派なスタンダードの<2><7>も、また<1><4>も、録音当時はヒット中の新曲だった。ポップスファンからのリクエストのうち、ジャズ仕立てにして聴きごたえのあるものを選び、見事ご機嫌なピアノトリオアルバムに仕立てている。録音が良く、演奏時間も適度な長さだ。
「黄金のトリオ」とまで呼ばれたトリオは、このアルバムをもって解散。最後にして最高のまとまりを見せた。ジャズの歴史を揺るがす問題作というのは、ポップスファンには退屈な場合もある。だが、このアルバムは永遠の人気盤である。ジャズ初心者におすすめだ。(高木宏真)

 ・ amazon : We Get Requests

 ・ Amazon MP3 : We Get Requests /

 ・ Google Play Music : Oscar Peterson : We Get Requests (1964) / プリーズ・リクエスト

 ・ apple music : Oscar Peterson : We Get Requests (1964) / プリーズ・リクエスト

 ・ Spotify : We Get Requests (1964) / プリーズ・リクエスト

1. Quiet Nights Of Quiet Stars (Corcovado)
2. Days Of Wine And Roses
3. My One And Only Love
4. People
5. Have You Met Miss Jones?
6. You Look Good To Me
7. The Girl From Ipanema (Garota De Ipanema)
8. D & E
9. Time And Again
10. Goodbye J.D.

ディスク:1
1. コルコヴァード
2. 酒とバラの日々
3. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
4. ピープル
5. ジョーンズ嬢に会ったかい?
6. ユー・ルック・グッド・トゥ・ミー
7. イパネマの娘
8. D&E
9. タイム・アンド・アゲイン
10. グッドバイJ.D.