オスカー・ピーターソン、ビル・エヴァンスといった超人気者を別にすると、この日本で局地的に絶大な人気を誇るジャズピアニストといえば、このソニー・クラークである。最も人気のアルバムはジャケットの粋さも手伝って『クール・ストラッティン』。これまた日本人に高い人気を誇るジャッキー・マクリーン(AS)も参加する5人編成のクインテットで、哀愁漂うブルースナンバーなどが特に好まれる。
また、ピアニストのソロを存分に楽しむならクインテットよりピアノトリオ。『クール・ストラッティン』の前年に録音された本盤は、クラーク絶頂期の演奏。独特な打鍵のタイミングやブルースフィーリングから生まれるねっとりとした質感は、湿度の高い日本の風土にも合い、そのあたりが日本人に特に受けるのではないかと言われている。
クラークは31歳という若さで世を去るが、絶頂期に志し半ばで倒れた、そんなところにも哀愁を感じるのである。(高木宏真)

 ・ Sonny Clark Trio / Sonny Clark / Amazon

 ・ Google Play Music : Sonny Clark : Sonny Clark Trio (1957)

 ・ apple music : Sonny Clark : Sonny Clark Trio (1957)

 ・ Spotify : Sonny Clark : Sonny Clark Trio (1957)