レギュラー・グループを拡大して収録したコンセプト・アルバム。「ザ・リッチ」他、全8曲を収録した1974年録音盤。 (C)RS
キース・ジャレット(P)
チャーリーヘイデン(bass)
デューイ・レッドマン(as)
ポール・モチアン(ds)

70年代のキース・ジャレットは、ソロピアノで活動する一方、2種類のカルテットで録音を行った。まず71年に結成したのが、デューイ・レッドマン、チャーリー・ヘイデン、ポール・モチアンを擁するアメリカン・カルテット。続いてヤン・ガルバレク、パレ・ダニエルソン、ヨン・クリステンセンを含むヨーロピアン・カルテットを結成し、2つのカルテットを同時進行の形で率いていた。
本作は、アメリカン・カルテットによる74年の異色作。どこが異色かといえば、ほかと違って明るく屈託がなく、解放感に包まれた作品だからだ。キースのアルバムのなかで、こういう雰囲気の作品はきわめてめずらしい。
裏ジャケットには、宝島を示す架空の地図が描かれている。この地図がゲームソフト『ドラゴンクエスト』のマップみたいで、思わず苦笑してしまう。要するに本作は、冒険の旅に出かけた少年をテーマにしたコンセプトアルバムというわけだ。曲もフォークロック的、あるいはゴスペル的と一種独特だ。(市川正二)

 ・ Treasure Island / Keith Jarrett / Amazon MP3

 ・ Treasure Island / 宝島 / Keith Jarrett / amazon

 ・ GooglePlay Music : Treasure Island (1974) / 宝島

 ・ Keith Jarrett / Amazon

 ・ apple music : Keith Jarrett Trio : Treasure Island (1974) / 宝島

 ・ Spotify : Treasure Island / 宝島